PMS(月経前症候群)の主な症状!

PMS(月経前症候群)の主な症状!

月経(生理)前の2週間前後から始まる体や心の不調…

 

例えば、意味もなくイライラしたりとか、乳房がはって痛いとか、
この様な症状をPMS(月経前症候群)と呼ばれています。

 

このPMSの症状に悩まされている人の多くは20代〜40代にあたり、
年代によっても様々な傾向が現れるとの事です。

 

特に30代から精神が不安定になるなどの、心の症状がまともに出てくる場合が多いとの事。

 

例えば、下記の図のように、心の症状では「イライラ」「集中の欠如」「情緒不安定」など、体の症状でいうと「肌荒れ」「眠気」「乳房のハリや痛み」などが現れます。

 

 

さらに、PMS症状を悪化させる原因も色々あります!

 

〇ストレス
ハードワークや環境の変化によるストレスはPMSを重くする原因になります。

 

〇冷え
体が冷えているとむくみの原因になったりPMSの症状を悪化させる人が多くなりやすいです。

 

〇食生活
食生活の栄養の偏りや喫煙、飲酒、カフェインの摂取もPMSの症状が出やすいです。

 

〇適度な運動
デスクワークなど日常運動をする機会が少ない人ほど、PMSになりやすい傾向があります。
心の健康を考え適度な運動を行うようにしましょう。

 

一口にPMSといっても、色々な症状があるので、
PMSの症状が重い人の多くは周りの人に理解してもらえないと感じています。

 

その為に仕事に支障が出たり、快適な生活がおくれないとか周りの人とのコミュニケーションがうまく取れないと悩む女性が増えているのが現実なのです。

 

先ほどのページへ戻る